【芸能マネージャーに必要な資格】年収アップを目指す際に重要なポイントを解説

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

芸能マネージャーとしてのキャリアアップ・年収アップにつながる資格はある?

芸能マネージャーとしての能力を証明できる資格は現状ない

芸能マネージャーの仕事は担当芸能人を売り込み、幅広く活躍できるチャンスを与えることです。そのため、それを表す資格は今のところ存在していません。

芸能人にとって最も近い存在であるマネージャー。マネージャーは担当芸能人の一番の理解者であり、ファンでなくてはなりません。徹底してサポートをしなければならないので、かなりの労力を要する仕事でもあります。

マネージャーの素質として、やる気や熱意の他に、体力も大切です。撮影はいつまでに終るという決まりがありませんから、休まずそのまま次の仕事へ!なんてことも日常茶飯事です。また、より良いものを目指す向上心を持っていることも重要なマネージャーとしてのポイントです。常に担当芸能人をサポートし、成長させなければならないので、現状に満足せず、行動できる人が良いマネージャーと言えるでしょう。

年収アップを狙うのであれば資格よりも実績が重要

芸能マネージャーの仕事は幅広く、所属タレントや俳優たちの活動をサポートするための能力が必要になってきます。

マネジメント力を始めとし、スケジュール管理能力や売り込み営業力、多くの人とコネクションを作るためのコミュニケーション力など、幅広くバランスのとれた能力を持っているかがマネージャーの力量となります。そして、自分の担当芸能人が売れっ子になったときに初めて、その能力が認められるのです。

成果主義の業界なので、前職でどのような経験をし活かしていけるかによって、年収も大きく変わってくるでしょう。

営業のネットワークがあると重宝され年収アップできる可能性あり

数ある仕事の中で最も実力が試されるのが、担当芸能人の売り込み。つまり営業になります。マネージャーの営業によって、担当芸能人の将来が決まるといっても過言ではないほど、重要な業務です。

芸能界にはブレイクを目指す芸能人が多くいます。その中で自分の担当が最も魅力的だとアピールしなければなりません。一度覚えてもらえたならば、コネクションとして繋がっていき、別の所属芸能人の営業もスムーズにいくことがあります。

そのため、営業力のあるマネージャーは事務所で重宝され、自分自身のキャリアアップにもつながっていくのです。

企業の心を掴むコミュニケーション能力と、相手に印象付ける営業が出来るかが重要です。

エンタメ業界への転職を目指したい方はエンタメ人☆彡まで!


キャリアアップを目指すなら、【エンタメ人☆】がおすすめ。その理由は、キャリアアドバイザーが全員エンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスだからです。

現状の相談はもちろん、キャリアアップのために将来の展望を話し合ったり、選考のアドバイスをもらったり、キャリア関連の相談が無料で行えます。

職種に不満はないけれど、もう少し給与が高いところにいきたい、年収をあげたいなど、現状エンタメ業界にいる方でも、よりいい企業への転職ができるようサポートします。

一人で悩まずに、まずは相談してみてはいかがでしょうか?全力であなたのキャリアアップをサポートします。

未経験から芸能マネージャーになりたい!芸能マネージャーの仕事内容は?

芸能人のスケジュールを管理し、ブレイクを支える仕事

芸能マネージャーの主な仕事の中に、【スケジュール管理】という業務があります。マネージャーは担当芸能人のスケジュールと、自分自身のスケジュールを分けて管理する必要があります。

移動から撮影や休憩、更にマネージャーは担当芸能人の営業までを全て管理し、無理がないか、時間が重なっていないかを確認しなければなりません。芸能界は信頼関係が大切ですから、一度でもドタキャンしてしまえば、おおくの人に迷惑がかかることはもちろん、担当芸能人の信用にも大きく傷をつけてしまいます。そのようなことを避けるため、幾度となく抜けがないかを確認し、把握する必要があります。

ブレイクするために仕事をたくさん持ってくるのももちろんマネージャーの仕事ですが、同時に担当芸能人がきちんと休めているかも管理が必要です。優秀なマネージャーほど、バランスのとれたスケジューリングが出来るのです。

できる芸能マネージャーは営業活動で仕事を獲得できる人材

担当芸能人を売り込む営業業務。これが最も難しいといっても過言ではありません。ブレイクを目指す芸能人は星の数ほど存在し、次のブレイクはうちの子だ!とどのマネージャーも目を光らせているのです。

マネージャは担当芸能人のアピールをすると同時に、担当芸能人を利用した際のメリットを企業側に伝えられなければなりません。事細かにプロフィールを伝えられただけでは印象に残らず、なかなか仕事に繋がらないので、担当芸能人の強みや魅力を余すところなく伝えられるよう、見極める必要があります。

そしてそれは担当芸能人をどれだけ見ているかか、知っているかが重要です。企業の希望に沿ったようなアピール方法をしてしまうと、仕事に繋がっても、担当芸能人が開花することは難しいでしょう。

たくさんの経験を担当芸能人にさせてあげるためにも、マネージャーの営業力はマストです。初めのうちはベテランマネージャーのサポートに回ることが多いので、営業のテクニックを盗むつもりで学んでいきましょう。

仕事獲得ができれば高額なインセンティブがあるプロダクションも

芸能界は実力重視の業界です。どれだけ長い時間働いても結果として示せなければ能力がないことになってしまいます。その代わり、成果をあげられた時には、インセンティブが与えられる事務所も多くあり、やりがいが目に見えて分かる仕事でもあります。

事務所の大きさにより給与形態は異なりますが、大手の場合は年棒制、小中規模の事務所の場合は、固定給+担当芸能人の売り上げ比例が毎月支払われることが多いです。年棒の場合でも、節目節目で成果確認があるので、頑張り次第で給与は変わっていきます。

担当芸能人の成長はマネージャーのサポートにかかっています。頑張った分だけ成果が得られるはずですから、給与が低いとあきらめずチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

忙しくても続けたくなる芸能マネージャーのやりがい

担当芸能人の成長を一番近くで感じられる

マネージャーは担当芸能人のサポートをする母であり、一緒に戦う仲間であり、成長させるため厳しく指導する先生でもあります。担当芸能人を一番に考え、開花させるために様々な立場になってサポートする必要があります。

ブレイクするのは簡単なことではなく、試行錯誤の繰り返しです。「この子はこんな一面もあるんだ」「こういう役が向いているのかもしれない」など担当芸能人とよく話し、見て、魅力を知っていかなければなりません。担当芸能人の一番のファンが、マネージャーでなければならないのです。そしてその中で、アピール方法を変えていき、成長させてあげることがマネージャーの仕事になります。

共に努力してきた担当芸能人が、憧れの番組に出れたりメディアに多く出演するようになったとき、一番身近でその成長を感じることが出来るのはマネージャーです。そしてそれは、何物にも変えられないやりがいを感じる瞬間でもあるでしょう。

エンタメ業界ではマネージャーの他にもやりがいを直に感じられる仕事が多数存在しているので、もっとやりがいを感じたい!と思っている人にもおすすめの業界です。

華やかな世界で活躍することが出来る

芸能マネージャーの仕事は体力的にも業務内容的にもとてもハードです。なかなか思うように営業がうまくいかなかったり、時間が不規則で休みが取れなかったりと、諦めたくなることもあるでしょう。また、プライベートと仕事を分けることが難しく、ほぼ1日中仕事をしていることも多々あるので、体力的にも不安な点は尽きません。

しかし、芸能界で働くという経験は簡単に出来るものではありません。好きな番組に担当芸能人が出演したり、憧れていた芸能人に会えたりと、辛いことばかりでなく、自分が業界の一部となって働いている実感が感じられやすい職業でもあるのです。

また、日々同じ仕事をするわけではないので、毎日違う経験が出来るのも、この仕事ならではの楽しみです。

芸能マネージャーに転職するために必要な資格は?

送迎が必要になる場合が多いため、普通自動車免許はあると良い

基本的にやる気と熱意、マネージャーとしての素質があれば資格等は必要ありません。ただ多くの事務所で普通自動車運転免許が必須条件に書かれているはずです。

常に担当芸能人と共に行動するので、車での移動がマストになります。いくらまだ成長途中の芸能人を担当していたとしても、移動する際の運転はマネージャーの仕事です。

また、熱烈なファンが現れたときに、担当芸能人を守る手段として車を利用することもあります。

マネージャーを目指す場合、運転免許は必ず必要になるので、面接前までに取得しておくようにしましょう。

そのほかの特別な資格は不要で未経験にも門戸が広がっている

前述したように、意外にも芸能マネージャーになるにあたって、特別な資格は必要ありません。未経験だからと諦めないでチャレンジすることが可能な職業なのです。

事務所に応募する際に、なぜマネージャーを目指したかをはっきりと答えられるかが重要なポイントです。マネージャーはあくまでもサポートすることが仕事です。華やかな世界に憧れるのはきっかけとして良いことですが、それだけではマネージャーになることは出来ません。

自分自身で行動できること、より良いものを作りたいという向上心がマネージャーには必ず必要です。マネージャーのやる気次第で担当芸能人の成長も変わってくるからです。

経験がないからと諦めずに、誰でもチャレンジ出来るのでまず応募してみてはいかがでしょうか?

エンタメ業界への転職を目指したい方はエンタメ人☆彡まで!

【エンタメ人☆】を運営する株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界と太いコネクティングがあります。そのため、業界とのつながりを通じた、非公開求人や、好待遇案件を紹介することが出来るのです。

芸能マネージャーを初め、番組ADやインフルエンサーマーケティングなど幅広いエンタメ業界の求人を紹介することが可能です。

専門アドバイザーが揃っている【エンタメ人☆】で、エンタメ業界への転職にチャレンジしてみませんか?