【芸能マネージャーへの転職ガイド】人気職種への転職を成功させるポイントをご紹介

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

【芸能マネージャーの仕事は大人気】気になる転職市場の状況は?

画像1

芸能界で活躍する華やかなスターたちにとって、支えてくれるプロダクションは大きな存在です。その中でも、直接タレントさんたちとやりとりをする芸能マネージャーは重要な役割を担っています。

・芸能界やテレビ業界に憧れがある。
・人を支え感謝されるような仕事がしたい。
・自分が関わったことが何か大きな結果につながってほしい。

上記のように様々な理由で、芸能マネージャーには毎年多くの人が応募します。そして、新卒だけしか受け入れていない場所を除き、転職者へも広く門戸を開いている芸能プロダクションも少なくありません。

この記事を読んでいるあなたも、ある程度は芸能マネージャーの仕事内容に興味があるのではないでしょうか。ここでは、芸能マネージャーへ転職することの意味や転職する際のポイントを詳しくお伝えしていきます。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

【芸能マネージャーへの転職】芸能マネージャーは激務? 仕事内容とキャリアアップに必要な考え方

画像2

スケジュール管理よりも、営業活動で仕事の獲得が主な業務に

自分が任されているタレントさんのスケジュールを管理することは、芸能マネージャーの代表的な仕事です。しかし、それ以上に「タレントさんを売り込む」という営業活動のほうが、重要な業務でもあります。

CM、映画、テレビ番組、イベント……様々なチャンスをキャッチアップし、自分の担当しているタレントさんを推薦し、使ってもらう。そのために多くの業界関係者に自分の顔を覚えてもらい、自分の名前を売ってネットワークを築いておく。

タレントの名前だけで仕事が舞い込むような超売れっ子でもない限り、一般的に売れっ子だと思われているタレントでも、大抵は営業活動が必須です。

「決められたスケジュールを管理する」のではなく、自分が担当するタレントの「スケジュールを自分の手で作っていく」という仕事である、と理解しておいたほうが良いでしょう。

営業は高額なインセンティブがある結果主義の世界

担当するタレントの出演料の数%がマネジメント料として支払われるため、マネージャーの収入は抱えているタレントさんの活躍に左右されます。

会社から割り振られた担当タレントの良し悪しだけで自分の収入が決まるのだとしたら、それは分の悪いギャンブルのように感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、そのような「運よく一流タレントの担当になれたかどうか」という目線で仕事をするよりも、自分の能力で担当しているタレントさんたちを一流の世界に押し上げていく、という考え方が芸能マネージャーとして活躍するためには必要です。

結果主義ということは、成果を出せばそれだけ評価されるということでもあります。厳しく感じる方もいるかもしれませんが、結果を出したした分だけインセンティブとして給与に反映される職種は、そう多くはありません。

タレントに活躍の場を提供し、そこからヒットしてタレントの夢を叶えていく。一方で自分も、タレントを成長させるという結果を残し、充実感を得られて評価も上がる。そんな環境を作り出すことができれば、芸能マネージャーの仕事は一気に面白くなるでしょう。

そういった意味でも、芸能マネージャーは夢のある職種とも捉えられます。

ネットワークができると仕事が楽しくなりプロダクションから引く手数多に

芸能マネージャーとして差が出るポイントは、「自分のタレントを売り込む腕前が良いか」「ネットワークを築けているか」ということです。それだけタレントを売り込めるネットワークを築くのは誰にでもできることではないとも言えます。

そのため、入社一年目の新人マネージャーには、営業活動をしなくても仕事が入ってくるようなタレントを担当につけて仕事の流れを覚えてもらう、というプロダクションもあります。

そこから自分の顔を売って芸能界にネットワークを築いていき、担当するタレントをブレイクさせることができるようになれば、一流のマネージャーとして認められるようになります。

こうして、誰でも売り出していけるようなネットワークが築けた頃には、プロダクション各社から引く手数多となっているでしょう。

芸能マネージャーへの転職を成功させる3つのポイント

画像3

①芸能界に精通していると有利に

業界知識が豊富であることは、転職の際にどの業界でも注目されるポイントです。

しかし、IT業界や製造業界などといった専門に特化し、部外者では内部を知ることが難しい他業界と異なり、芸能界は業界調査がしやすい環境にあります。

あなたが興味をもっているジャンルを初めから任せてもらえるとは限らないため、自分の志望しているジャンル以外についてもある程度の知識をもっていたほうが内定を獲得しやすいです。

加えて、自分が好きなジャンルや配属されたいジャンルについては、その背景・歴史やどんな芸能プロダクションがあるのか、どういったタレントさんがどこの事務所に所属しているのか、ということまで知っておくと、採用担当者の興味を引くことができるかもしれません。

ウワサやゴシップは、あまり真に受けたりすべて覚えておいたりする必要はありませんが、ある程度は知識として覚えておきましょう。

「芸能オタク」になるまでは難しいかもしれませんが、今話題になっている「旬の芸能人」は一通り覚えておいたほうが無難です。

②「ただの芸能好き」を脱却して、タレントを支える仕事について考え直す

「アイドルに会いたい」「俳優に会いたい」「撮影現場を見てみたい」というような、期待や希望を持つことは問題ありません。むしろ、それを強いモチベーションにしている人もいるでしょう。仕事に対してその熱意が向けられるのであれば、評価できるポイントになる場合があります。

しかし、多くの場合、「ただの芸能好き」という印象になってしまい、タレントを支える芸能マネージャーとしては評価されづらくなってしまいます。

芸能マネージャーは、自分がタレントさんを支え、活躍の場を提供し、羽ばたくための土台を作る裏方の仕事です。担当したタレントさんが有名になったあとも一緒に仕事を続けることもありますし、別の担当に変わっていくこともあります。

それでも、また次の新しいタレントさんと一から泥臭いことも頑張っていく必要があります。芸能マネージャーは、そのように人を支え、一緒に夢に向かい続ける仕事です。

「ただの芸能好き」を脱却して、人を支えることや裏方のプロとして生きていくことに面白みを見い出すことが、芸能マネージャーになる第一歩です。

③転職理由は細かく聞かれるためきちんと言語化しておこう

「ただの芸能好き」を脱却するような、芸能マネージャーへの強い志望理由を見つけたら、次はそれを説明できるようにする段階です。

どうしても、芸能プロダクションは「記念応募」が一定数存在しています。きちんと転職の理由と志望動機を言語化していないと、「憧れの〇〇さんがいるから、とりあえず受けてみました」「好きな俳優さんと会えるかもしれないと思って、なんとなく応募しました」といった応募者と、同列と見なされてしまう可能性があります。

当然、芸能界が好きで、芸能人が好きで、〇〇さんが好きで……という理由も、本音であれば隠す必要はありません。しかしそれだけではなく、「ただの芸能好き」とは異なる、強い動機を説明しておきたいものです。

①なぜ今の仕事を辞めようと思っているのか。
②(①と関連させて)なぜ芸能マネージャーになり、芸能界に飛び込もうとしているのか。
③(②と関連させて)なぜ芸能マネージャーになるために、その芸能プロダクション/芸能事務所を選んだのか。
④なぜ芸能人になるのではなく、芸能マネージャーなのか。

以上のうち、最低でも①~③、できるなら④まで、順序立てて説明できるようにしておきましょう。

【芸能マネージャーへの転職】求められる3つのスキル・資格

画像4

①ルートがなくても開拓するネットワーク構築力が大事

芸能マネージャーとして働く際に、学歴や資格は特に必要ではありません。学歴や資格よりも重視されるのが、ネットワークを構築する力です。

この記事でも度々出てきましたが、マネージャーの重要な仕事の一つは、タレントさんを売り込み、使ってもらうことです。ネットワークの構築は、仕事を獲得するためには欠かせないものです。

もちろん決まったルートがあったり、定期的に入ってくる仕事があったりもするでしょう。しかし、新人タレントさんの新しい仕事の獲得や、既存タレントさんの殻を破るような新しい現場は、やはりマネージャーが獲得して来る必要があります。

芸能マネージャーとして評価されるには、ルートに頼らず自力で仕事を獲得してくるネットワーク構築力が重要視されます。

②状況が変化するなかでもやりきる力、対応する力

この2020年は、「withコロナ」や「新しい生活様式」が話題となりました。これに限らず、芸能界はいつでも激動の状況にあります。そして、「withコロナ」のような収録形態や出演の仕方が変わってしまうような大きな変化もあれば、収録場所が変更になったり急に時間が変わったりといった、小さな変化もたびたび起こります。

どのような変化であれ、芸能マネージャーにはその状況変化に柔軟に対応することが求められます。一般的な社会の仕事とは異なり、どうしても突発的な事柄が起こりやすい業界であるためです。

そのような大小様々な変化に対応する力も、芸能マネージャーに必要なスキルの一つです。

③運転免許はほぼ必須!の場合が多いため取得しておいた方が無難

タレントさんの送迎もマネージャーの重要な仕事の一つです。特に有名なタレントさんの場合、現場まで一人で移動させるわけにはいかないので、車移動は必須となります。そのため、自動車の運転免許は多くの事務所で必須要件となっている場合が多いのです。

芸能マネージャーは、あまり学歴や既存の資格の有無などが関係ないというのも魅力の一つです。しかし、残念ながら運転免許証だけは数少ない例外と言えます。

もしあなたが現在芸能マネージャーを目指していて運転免許をもっていないなら、早めに取得しておきましょう。

芸能マネージャーで年収アップを目指したい方はエンタメ人☆彡まで

エンターテインメント業界は業界なりのやり方があり、転職に関しても一般の企業とは重視されるポイントが少し異なります。

もしあなたが芸能マネージャーとしてキャリアアップ・年収アップを目指しているなら、エンタメ人☆彡までご連絡ください。

エンタメ人☆彡は、エンタメ業界でキャスティング事業を長年行ってきた株式会社エイスリーが運営しています。そのため、エンタメ人☆彡は、芸能事務所や芸能プロダクション各社との太いパイプや芸能マネジメント業務のノウハウを活かした転職支援ができます。

これまで築いてきた関係性によって任された、求人サイトには掲載されていない求人も多数扱っていることが、エンタメ人☆彡の魅力の一つでもあります。

少しでも気になった方がいましたら、エンタメ業界転職のプロであるエンタメ人☆彡までご連絡ください。

バナー