芸能マネージャーになるには?未経験からの転職・キャリアアップのコツを伝授

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

芸能マネージャーになるには?気になる芸能マネージャーへの転職事情

未経験でも、芸能マネージャーに転職は可能

芸能人の活躍を陰ながらサポートするマネージャー、その存在があってこそ芸能人は集中して仕事に取り組めるのです。

そんな責任重大な役割だと考えると、特別なスキルを持つ選ばれた人しかなれない職業だと想像する人も多いのではないでしょうか?

実は、芸能マネージャーは資格や学歴がなくてもチャレンジすることができます。

マネージャーをする上で一番大切なのは、仕事に対する熱意と根気です。エンタメ業界は常に稼働しているので、体力的にも精神的にもきつい部分がありますが、その分多くのやりがいを感じるシーンがあります。

これといった経験が必須ではないため、未経験の人や前職が全く関わりのない業界でも転職が可能です。重要視されているのはどんな経験を積んだかではなく、その経験で何を培い、自分の強みにできたかです。だからこそ、どんな人にもチャレンジできる職業と言えるでしょう。

未経験だからと諦めず、興味があればチャレンジしてみるのも一つです!

芸能マネージャーに転職が有利な職業・業界って?

芸能マネージャーの仕事は多岐に渡ります。その中で、最も重視されるのが、営業力や対人折衝力です。

芸能マネージャーはスケジュールを調整したりするだけでなく、担当芸能人をアピールして売り込むことが求められます。そのため、営業経験者の方が好まれる傾向があります。

特に、芸能関連の仕事を経験してきた人であれば、業界事情が分かって交渉を進めやすくなるため、芸能関連の仕事からの転職は有利になるでしょう。

ただ、芸能マネージャーほど多様な仕事をこなしてきている人は少ないので、スキルとして自分で必要なものを考え、行動する力が経験以上に重視されることも多いです。

「芸能マネージャーはこれだけやれば大丈夫」という枠組みが決まっていません。その中でどれだけやるべきことに気付いて行動できるかで、仕事の幅も自分の力量によって広がっていきます。

このように、営業職経験者や芸能関連経験者は有利になる傾向にありますが、自分で仕事を見つけて行動する力があるかどうかが転職時には特に重視されます。

学歴や資格は必要?大卒・専門学校卒・高卒の就職状況

芸能マネージャーへの道のりとして、芸能プロダクションの採用試験を受ける必要があります。マネージャーの多くはまずプロダクションスタッフとして働き、その後マネージャーになっていきます。

他ジャンルの職種と違い、マネージャーはどれだけ機転が利くかが大切です。なので芸能マネージャーに転職する際、学歴や資格はそこまで重要視されていません。逆に言えば、肩書きよりも本人のやる気を大切にしているので、誰でもチャンスがある職業といえます。

しかし、プロダクションによっては大卒以上などの規定があるので確認が必要です。まだ学校で勉強できる環境にある場合は、大学や専門学校で一度芸能について勉強しておくと、実務や現場で活かせるのでおすすめです。

また、必須資格が無いといっても、普通自動車免許は必要な場合が多いです。時には自宅まで担当芸能人を送迎することもあるので、安全に送り届けられるくらいの運転スキルはあったほうがいいでしょう。免許がない人は、プロダクションに応募する際に、普通自動車免許が必要かどうか必ず確認するようにしてください。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

芸能マネージャーになるには…?仕事で求められるスキルと面接でのアピール方法

スケジュール管理能力

仕事でスケジュール管理能力が試される具体的な場面

芸能マネージャーの主な仕事のひとつがスケジュール管理です。

マネージャーは担当芸能人の撮影・移動時間・休日と合わせて、自分自身のスケジュールも把握しなければなりません。撮影の合間にプロデューサーに営業したり、企画の打合せなどもしなければならないので、ブッキングやスケジュール忘れなどが起こらないよう注意が必要です。

多忙な芸能人を担当した場合、1日を分刻みで行動することも多々あります。移動時間に無理がないかや、体力的にこなせそうなスケジュールかをマネージャーが管理することで、担当芸能人が集中して仕事に取り組めるのです。

またスケジュール管理と同様に大切なのが、体調管理です。これは担当芸能人の異変や疲れを見逃さないようマネージャーが気を付けなければならないと同時に、自分自身の体調管理も必要です。

エンタメ業界は仕事が不規則なことが多く、あまりの多忙さに新人マネージャーはダウンすることもしばしばあります。体力に自信があっても気を抜かず、疲れを次の日に持ち越さないよう管理できるようにしましょう。

面接でのアピール方法

マネージャーになりたての時は現場に同行することが多いので、特にスケジュール管理能力は重要視されます。面接の際、時間厳守に対しての意識の高さをアピールできると良いでしょう。

無遅刻無欠席の実績がある場合は、それによって得た経験や力も合わせて伝えることで信頼度が上がり、好印象に繋がります。社会人経験だけでなく、学生時代の実績でも構いません、大切なのは、その人が信頼できるかどうかです。

時間を守ることは簡単なようで難しく、ほとんどの人が遅刻を経験したことがあると思います。無遅刻無欠席など、完璧にこなせる人はあまりいないからこそ、その実績は大きな強みになります。

時間を守るということは、仕事に対する責任感や継続力があるということです。自信を持ってアピールしましょう。

営業力

仕事で営業力が試される具体的な場面

担当芸能人が幅広く活躍できるよう、各メディアの関係者に営業することも芸能マネージャーの仕事のひとつです。マネージャーの営業力により、担当芸能人の未来が左右するといっても過言ではありません。

マネージャーは常に担当芸能人と行動を共にするので、行った先々でプロデューサーやキャスティング関係者と話をする機会があります。そういった場面で、担当芸能人の紹介や魅力、今後の活動方針などをPRし、営業することが必要です。

芸能界には売れっ子を目指す芸能人が多数いるので、その中でも自分の担当芸能人が1番魅力的であると伝えなければなりません。その際に、魅力や紹介だけで終らせず、利用した場合の先方のメリットを伝えられるかが重要です。

嘘や誇張はいけませんが、一番近くにいるマネージャーだからこそ気付ける抜擢するメリットをアピールしてあげましょう。

マネージャーの営業力によって仕事が決まっていくので、責任重大な役割であると同時に、やりがいを感じるシーンでもあります。

面接でのアピール方法

全く異なる業界の営業の経験がある場合、面接でどうアピールするべきか悩む方もいるかと思います。

一見、共通点がないように思うかもしれませんが、仕事内容は違くても根本にある“積極的な姿勢”は営業担当者の共通する強みです。その強みがマネージャー業務にどう活かせるかを、前職での経験を踏まえて自分なりにまとめておくと良いでしょう。

また、営業の経験がなくても、【人と関わることが好き】なども、マネージャー業では強みになります。マネージャーは一人で仕事をすることはほぼなく、現場で関係者と話したり、打合せをしたり、常に人と関わりをもって仕事をしています。

人付き合いが得意だったり、そういった仕事関係の人たちと上手く付き合えることは、営業として大きな戦力になるはずです。

マネジメント能力

仕事でマネジメント能力が試される具体的な場面

マネジメント能力と聞いても、具体的なイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか?芸能マネージャーは担当芸能人と共に多くの時間を過ごします。その中で、その人にしか存在しない魅力を見つけ、最大限に引き出してあげることを【マネジメント】と言います。

芸能界はすべてが上手くいくこともあれば、興味のないジャンルに取り組まなければならないこともあるなど、いつも順調とは限りません。また、どんなに魅力にあふれた芸能人でも、見せ方次第でプラスにもマイナスにも変わっていきます。

山あり谷ありの生活の中で、担当芸能人のモチベーションをキープし、魅力を高めるのも、マネジメントの一環と言えます。

最も近くにいるマネージャーだからこそ、気づけることがたくさんあります。より多くの才能を引き出し、担当芸能人が芸能界を生き抜くためのパートナーとなりましょう。

また、担当芸能人の精神的なサポートが出来てこそ、マネージャーとして信頼を培っていけるのです。先ほども挙げたように、担当芸能人の最も近い存在は、マネージャーです。仕事に集中できる環境作りを心がけましょう。

面接でのアピール方法

マネジメント能力を培うことはなかなか難しく、具体的な経験が出てこない人がほとんどだと思います。マネジメント能力は広義で言えば、【活躍できる環境作りをする力】です。

例えば「納期に向けて後輩のスケジュールを管理した」や、「新人の仕事を成功するようサポートした」など、自分が先導に立って何かを成し遂げた経験だけでなく、誰かのサポートをすることでその人が高い成果をあげた経験があるとアピールポイントになります。

サポート役といってもあくまで結果が重要なので、いくら丁寧にサポートしても結果が出なければ、芸能プロダクションの利益には繋がりません。自分のサポート経験が、担当芸能人が結果を出すことにつながることを伝えられるように、まとめておきましょう。

芸能マネージャーになってキャリアアップを目指したい方はエンタメ人☆彡まで!

芸能マネージャーに興味があっても、入口が分からない・仕事が大変そう・未経験だから分からないなど、不安要素が多くてチャレンジできない人が多いのではないのでしょうか?

「エンタメ人☆彡」は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ経験者という、エンタメ業界専門の総合人材サービスです。分からない点や仕事内容に不安を抱えていても、エンタメ業界のリアルな経験を教えてくれるので、安心して転職活動に取り組めます。

芸能マネージャーなど入口の狭い業種でも、エンタメ人☆彡では非公開求人情報や好待遇案件を多数掲載しています。

運営会社の株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティングを行っていることからエンタメ業界と太い繋がりがあります。そのため、芸能マネージャーなどの入口の狭い業種でも、非公開情報や好待遇案件などを多数紹介出来るのです。

芸能マネージャーだけでなく、エンタメ業界はやりがいを感じる仕事が多数存在しています。少しでもチャレンジしてみたい!と思ったら、エンタメ人☆彡までお気軽にご連絡ください!