アーティストマネージャーは未経験でもなれる?仕事内容や求められるスキルを解説

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

アーティストマネージャーの仕事内容とは?

アーティストの活動が円滑に進むように、サポートをするアーティストマネージャー。音楽業界の仕事の中でも多くの人が思い浮かべやすい仕事なのではないでしょうか。

まずは、そんなアーティストマネージャーの仕事内容について解説します。

①アーティストのスケジュール管理

売れっ子であれば売れっ子であるほど、多忙になるアーティストのスケジュール管理を行います。自身の公演や、制作、テレビやラジオなどのメディア出演や、各媒体の取材など、アーティストのスケジュールは過密になることもあります。

これらの仕事を、滞りなく受けることができるよう、アーティストマネージャーが日程や、現場から現場への移動方法などを調整します。時には、アーティスト側からワークライフバランスを考えた、仕事量の調整を求められる場合もあるため、柔軟な対応力が必要になる仕事です。

②アーティストを売り出すための営業活動

アーティストの仕事の獲得、出演料の交渉などもアーティストマネージャーの仕事です。担当するアーティストのプロフィールや作品を持ち込んで、売り込みを行うことで仕事の獲得を進めていきます。

仕事を獲得していくことは、アーティストを広く周知させるだけでなく、自身の報酬や、所属する事務所の収益拡大にも繋がります。担当アーティストの市場価値を客観的に判断しながら、適正な価格で仕事を獲得していく技量が求められます。

③アーティストの広報

アーティストの広報を、マネージャーが担当することもあります。

担当しているアーティストを多くの人に知ってもらうため、ホームページの制作やSNSアカウントの運用を行います。話題性が高まることで、成功への道が拓けます。

④アーティストのメンタルケア

多忙なアーティストに心労はつきものです。売り出しのためにイメージを作ることも多いため、ストレスを抱えていることも考えられます。そのようなアーティストが仕事に支障をきたすことのないように、相談に乗ったり休日を設けたりすることも、アーティストの大切な仕事です。このような細やかな気遣いも、アーティストのパフォーマンスを最大限に発揮するために必要なことです。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

アーティストマネージャーの志望動機の考え方

続いて、アーティストマネージャーを目指す上で、選考で伝えるべき志望動機の考え方について解説します。音楽業界に対する情熱を伝えることはもちろんですが、アーティストをどのように支援していくか、という目線で話すことができると良いでしょう。

音楽業界に対する関心

芸能界のマネージャーではなく、音楽業界でアーティストのマネージャーに就きたい理由を話せるようになるためには、業界に対する熱意や関心に基づいて考えると良いでしょう。

アーティストマネージャーは、アーティストのスケジュールに同行し業務に従事するため、多忙で不規則な働き方になることが予想されます。そのような仕事を、モチベーションを維持しながら続けていくためには、音楽業界そのものに対する熱意が必要不可欠です。

関心を持ち始めたきっかけなど、具体的なエピソードと合わせて伝えられると良いでしょう。

アーティストをどのように成功させるか考え伝える

音楽業界は、サブスクリプションなど新たなサービスの登場によって、変革期にあります。また、SNSの普及により、従来よりも様々な形でアーティストを売り出すことが可能です。そのような時代の中で、アーティストを成功させるために、時には斬新なアイディアが必要になる場合もあります。

好きなアーティストがいる人であれば、自分だったらどのようにそのアーティストを売り出すかプランを考えておくことで、志望動機として伝える際に発想力があることをアピールできるかもしれません。

専門学校等で学んだことを活かせるか考える

アーティストマネージャーになるにあたっては、専門学校でスキルを身につけることも可能です。音楽業界や、芸能界を中心に置いたマネージャーコースのある専門学校も少なくありません。

アーティストマネージャーとして、スケジュールの管理や、売り出し戦略の考案などマネジメントスキルを身につけることが可能です。

また、WEBデザインやグッズ考案などにも活かせる商品開発など、より多くの仕事が受けられるマネージャーになるためのカリキュラムが用意されている専門学校もあります。

未経験者でもなれる?アーティストマネージャーに必要なスキル

最後に、アーティストマネージャーに求められるスキルについてご紹介します。

未経験でも就くことのできる仕事ですが、必要なスキルや、活かせる経験などを確認して、アーティストマネージャーとしてのキャリアアップを目指しましょう。

アーティストマネージャーは未経験者でも就くことができる

アーティストマネージャーは、未経験からでも目指すことができます。

一般的には、アーティストが所属する事務所に入社し、先輩マネージャーの仕事に同行をしたり、新人マネージャーのマネジメントを担当したりすることで、仕事を覚えていく下積み期間があります。

マネージャーとして実力が認められると、徐々に人気アーティストの担当や複数のアーティストの兼任といった形で、担当する仕事が増えていきます。

必須となる資格や、免許などはありませんが、アーティストの移動や、荷物の運搬に必要となる自動車運転免許を持っていることが望ましく、その他にはホームページの運営などにも活かすことのできるWEBスキルや、WordやExcelなどを使用できる程度の一般的なパソコンスキルがあると良いでしょう。

スケジュール管理能力

アーティストのスケジュール管理をきちんとできるスキルが求められます。

複数アーティストのマネジメントを兼任する場合であっても、それぞれ混同しないように把握しておく必要があります。広い視野をもち、漏れのないようにスケジュール管理をすることが大切です。

また、アーティストに同行をしない場合においても、綿密に連絡を取り合いながら管理をしていかなければなりません。最近では、アプリなども充実しているため、それらをうまく活用すると良いでしょう。

コミュニケーション力・折衝力

アーティストマネージャーには、社内外問わずさまざまな人とコミュニケーションを取る機会があります。担当アーティストはもちろん、営業先のクライアントに対しては、条件についてすり合わせを行うことのできる折衝力も必要になるでしょう。

コミュニケーション能力や折衝力は、アーティストマネージャーが仕事をしていくうえで最も重要になるスキルといってもいいものです。仕事を円滑に進めたり、クライアントから仕事を獲得してくることは、自身のキャリアアップないしは所属事務所の収益にも直結します。

営業職などを経験している人であれば、マネージャーの仕事でも活かせる部分があるかもしれません。アーティストマネージャーになるための企業選考で、アピールすれば有利に選考を進められることもあります。

業界の新しい知識は求められ続ける

アーティストのマネージャーとして活躍する以上、音楽業界の最新知識をキャッチアップし続ける必要があります。市場でどのようなアーティストが評価されているのか、それはどのような要因があるのか、客観的に分析し、自身のマネジメントにも活かすことができると良いでしょう。

音楽業界は、流行の移り変わりの速さや、最新サービスの登場などにより、業界の動きが激しい傾向にあります。メディア等をうまく活用しながら、新しい情報に触れ続けることが求められます。

可能であれば、同業のマネージャー職に就いている人と出会った際には情報交換などをして、レベルアップを続けていくことが望ましいといえます。

アーティストマネージャーに転職したいなら「エンタメ人☆彡」へ!

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。

現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったりといったキャリア関連の相談が無料で行えます。

アーティストマネージャーの仕事を見つけたいという転職志望者の方には、仕事の内容が具体的にイメージできるよう、また入社後にミスマッチを起こすことのないようサポートします。

音楽業界で自分の能力を最大限に発揮したい方は、ぜひ『エンタメ人☆彡』までお気軽にご相談ください!