【裏方として芸能界で働く】仕事・職種一覧や必要な資格などご紹介

華々しい芸能界を支える、裏方の仕事に興味がある方は少なくありません。

この記事では芸能界の裏方にはどのような職種があり、転職するために必要な資格まで詳しくご紹介します。

芸能界に関わる仕事をする参考になれば幸いです。

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。
芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。
その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。
芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

華々しい芸能界はそれを支える裏方で成り立っている

芸能界は映画や舞台で活躍する俳優、ライブやフェスで活躍するアーティストなどのエンターテイメントでお客様を楽しませる職業の人たちが働いています。

お客様が芸能人に対して持つ夢を壊さないよう、それぞれの持つ高い技術とスキルで華やかな世界を演出し、時には芸能人を守るのが裏方の仕事です。

裏方として働く方々は皆、芸能人の皆さんと協力して1つのエンターテイメントを創り上げるためにそれぞれの役割を一生懸命果たしています。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

芸能界を支える裏方の仕事・職種一覧とそれぞれの魅力・必要な資格

芸能界でお客様を楽しませるエンターテイメントを創るという目標に向かって、芸能人と一緒に仕事をする裏方の仕事にはどのようなものがあるのかその職種や年収、求められるスキルをご紹介します。

芸能マネージャー:エンタメ業界で才能を開花させる

芸能マネージャーは芸能人がスムーズに芸能活動ができるようにサポートしたり、人間性や能力を高めるようにマネジメントをする仕事です。

自分が発掘して苦楽を共にした芸能人が才能を開花させ、芸能界の仕事で大きな成功を収めるのを裏方として一番近くで見られるのが芸能マネージャーの大きな魅力と言えるでしょう。

転職サイトでは「学歴・経験・年齢不問」の求人が多く、必要な資格は芸能人の送迎のための普通自動車免許以外は特にありません。

全世代の平均年収は317万円ですが、自分の担当する芸能人が売れるなどして所属しているプロダクションで認められると現場マネージャー、チーフマネージャー、部長〜役員と役職が上がっていき、役員クラスの年収は1,000万円を越えると言われています。

SNSマーケター:タレントブランディングの要

従来、広告代理店や一般企業において需要が高まっていたSNSマーケターですが、芸能界でもその需要が高まっているのはご存知でしょうか。

近年は、SNS発信で大ヒットしたアーティストやタレントなども多くSNSの影響度は無視できないものになっています。

また、芸能事務所でもテレビやイベントからの収益だけでなく、タレントが直接商品を販売し収益化するビジネス、いわゆるD to Cに注目をしています。

芸能事務所が新たな収益化の施策を考える上でも、SNS上でのマーケティングは不可欠になってきています。

全世代の平均年収は430万円ですが、自身が実施したSNSマーケティングによって商品の売り上げが上がったり、タレントのブランディングに貢献するなど実績を積み重ねた場合、芸能事務所でも700万円~800万円を狙える可能性があります。

ファンクラブ運営:ファンとタレントの架け橋

ファンクラブ会員の管理やファンクラブで発信するコンテンツから限定イベントの企画や運営、グッズ制作、販売、ECサイトの運営など、ファンに楽しんでいただくためにあらゆることを行う仕事です。

誰かを好きになったことがある、自分だけの推しがいる人などファンの心理を理解している人であれば向いている仕事といえるでしょう。

●エンタメ業界の転職なら「エンタメ人」●
独自のネットワークを活用した非公開求人、ハイクラス求人も多数あり!
1分で簡単登録。お気軽にお問い合わせください!

ディレクター:エンタメを創り出す進行管理役

ディレクターはエンタメ業界において制作現場の責任者のことを指します。

プロデューサーと協力しながら企画や演出について考え、現場では映像の編集作業や出演者へのディレクションも行うためチームで1つのエンタメを完成させる楽しさを感じながら仕事を進められるでしょう。

テレビ局のディレクターは大卒資格は必要ですが、それ以外に必要な資格や免許はありません。また、転職では学歴はあまり見られず、キャリア次第では転職できる可能性は十分にあります。

全世代の平均年収は352万円ですが、最初はアシスタントディレクターとして現場経験を積み、ディレクターや演出、プロデューサーへと昇格して全体の統括を行うようになることでキャリア・年収アップが見込めます。

アシスタントディレクター:ディレクターを補佐する未来のディレクター候補

アシスタントディレクターはディレクターの補佐役として制作現場が滞りなく進むようあらゆる雑務をこなすのが仕事です。

芸能界の裏方と言うと一般的にイメージされるのがアシスタントディレクターの仕事ではないでしょうか。

ディレクターの右腕として、ロケ他の調査、街頭インタビュー、交通手段や宿泊先の手配、お弁当の手配などマルチタスクが求められます。

テレビ局のアシスタントディレクターになるには大卒資格が必要ですが、制作会社のアシスタントディレクターであれば学歴不問でアルバイトを募集することもあります。

平均年収は250万円程度とされますが、アシスタントディレクターを経て実績を積み、ディレクターや演出、プロデューサーへと昇格していけば年収1,000万円にも手が届くでしょう。

広報・宣伝・PR:タレントイメージの門番

一般企業と同じように芸能界でも広報・宣伝・PRという仕事は存在します。

主な仕事としては、取材対応、各媒体との関係構築や、自社のタレントの露出に合わせてプレスリリースを各媒体に発信するなどがあります。また、雑誌やメディアからの問い合わせに対応すしたり、露出時の表現の交渉なども重要な仕事です。

芸能事務所によっては、宣伝部が主に広告案件の窓口を担当することもあります。総合的にタレントイメージの向上やブランディングを守ることが仕事内容となり、はタレント活動の寿命を左右するといっても過言ではないポジションです。

●エンタメ業界の転職なら「エンタメ人」●
独自のネットワークを活用した非公開求人、ハイクラス求人も多数あり!
1分で簡単登録。お気軽にお問い合わせください!

ライツ営業:ライセンスビジネスの一番槍

自社でIPやコンテンツを保有している『ライセンサー』の場合には、自社が保有するIPを活用して、コラボ企画や広告起用の提案を行います。

一方、他社が保有するIPやコンテンツを活用してビジネスを行う企業『ライセンシー』の場合には、ライセンサーが保有するコンテンツとのコラボ企画や広告起用の提案を行います。

コンビニなどで、有名アニメや漫画とコラボした商品を見かけることは多いのではないでしょうか。実はそういった商品の裏にはこういったライツ営業の働きがあるのです。

AR:アーティスト戦略の指揮者

A&Rとは、Artists and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー)の略称です。

主にレコード会社に所属し、自社の(またはレーベルの)所属アーティストに対して育成・楽曲提供・宣伝戦略の管理などを行います。そのほか、新人アーティストの発掘に関わることもあります。

アーティストと打ち合せをしたり、どのようなコンセプトで楽曲を制作していくか、あるいはアーティストのコンセプトそのものをどうするか、という重要な売り出し戦略を決定する役職です。

楽曲1曲1曲やアルバムの制作にも関わっていますが、見据えているのはもっと長期的な展望です。すなわち、担当するアーティストをどうやって市場で残らせていくのか、レーベルそのものの色をどうやって出すのか、といった俯瞰的な視点で業務を行っているのです。

芸能界の裏方として活躍していきたい人はエンタメ人☆彡まで!

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。

現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったりといったキャリア関連の相談が無料で行えます。

芸能界の裏方への転職では資格や免許が必要ないからこそ、ヒューマンスキルや自分の今までの実績をどのようにアピールすればよいのかをキャリアアドバイザーが寄り添って考えていきます。

芸能界の裏方としてチームワークを大切に新しいエンターテイメントを創ってみたいという方は、ぜひ『エンタメ人☆彡』へ!お気軽にご相談ください。

●エンタメ業界の転職なら「エンタメ人」●
独自のネットワークを活用した非公開求人、ハイクラス求人も多数あり!
1分で簡単登録。お気軽にお問い合わせください!