【芸能マネージャーへの志望動機】作り方のポイントからOK・NG志望動機まで徹底解説

芸能マネージャーになって華やかなタレントの皆さんを支えるため、どうにか芸能事務所へと転職したいけれど、うまい志望動機が思いつかないとお悩みの方はいらっしゃいませんか?

この記事では芸能マネージャーの転職事情から志望動機作成のポイントまで詳しく解説します。

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

芸能マネージャーの転職事情や志望動機は?

芸能マネージャー経験者、未経験者がそれぞれ芸能マネージャーに転職する場合の転職事情について説明します。

芸能マネージャー経験者が転職するときの転職事情

芸能マネージャー経験者であれば人気のタレントが多数所属する大手プロダクションへと転職したいという方も多いでしょう。

このような大手プロダクションの場合、転職者を積極的に採用するプロダクションと新卒以外はほぼ採用しないプロダクションの2つに分かれます。

前者の場合積極的に広告を掲載するなどして募集をかけるため、非常に求人倍率が高くなるのが特徴的と言えるでしょう。

また後者の場合一般的な転職サイトで求人をかけるということはほぼなく、転職エージェントを通じて芸能マネージャーとしての実績が豊富な人材を探します。

そのため芸能マネージャー経験者の場合、専門の転職エージェントを活用した方が年収アップやキャリアアップが見込める良い求人に出会える可能性は高くなるでしょう。

芸能マネージャー未経験から転職するときの転職事情

転職サイトなどで掲載されている芸能マネージャーの求人には、よく「学歴・経験・年齢不問」と書いてあるのを見かけないでしょうか。

これは芸能マネージャーという仕事がハードワークのため離職者が多く、慢性的に人手不足であることからきています。

特に中堅(所属タレントが10人以上)プロダクションはホームページなどで通年で中途採用を行っているのです。

このことから未経験者にも転職できる可能性があることを覚えておきましょう。

ただし未経験者の場合、必ず下積みとして先輩マネージャーのアシスタントをしたり、新人タレントのお世話をしたりする必要があります。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

最近の業界事情から考える、芸能マネージャーの将来性は?

次に最近のエンタメ業界事情と照らし合わせて、芸能マネージャーという仕事の将来性について考えてみましょう。志望動機を考える際に役に立つかもしれません。

幅広い人材のマネジメントが必要の可能性高まり

芸能マネージャーがタレントを今まで売り込んできたテレビ、ラジオ、映画、雑誌、舞台などのメディアは今まで将来性については安泰だと考えられてきました。

しかし昨今企業の広告予算が減ってきていることからテレビ局の制作予算もコストカットを余儀なくされています。

このような背景から海外に活動拠点を移すタレントも存在するため、芸能マネージャーとしては語学に長け、国際感覚の豊かな人材が求められていくでしょう。

また弁護士、大学教授、医師など芸能活動を行う人が多様化してきているため、柔軟に対応できる人材も求められています。

これらの状況を踏まえて芸能マネージャーとしてのキャリアを積むことができれば、仕事の幅が広がりその地位を確立していけるでしょう。

Webマーケティングを活用できれば成長中の領域に飛び込める

既存のメディア離れが進む一方で、YouTubeを始めとしたインターネット媒体の影響力が大きくなってきています。

またブログやSNSを活用した幅広い展開も求められるでしょう。

そのためインターネットを使ったプロモーションやWebマーケティングに長けたマネージャーが今後は引く手あまたとなっていきます。

インターネットを使用するメリット、デメリットをよく理解しタレントに寄り添いながらより良い形でインターネット環境を活用できる芸能マネージャーは将来も安泰だと言えるでしょう。

芸能マネージャーの代表的な2つのキャリアパス

芸能マネージャーの代表的なキャリアパスを2つご紹介します。

①所属している芸能事務所で出世する

芸能マネージャーの代表的なキャリアパスの1つ目は、所属している芸能プロダクションで認められ、徐々に役職を上げていくことです。

芸能マネージャーはタレントに同行して仕事をする現場マネージャーからキャリアをスタートさせ、現場マネージャーを管理するチーフマネージャー、全てのマネージャーとタレントの管理をする統括マネージャーと役職が上がっていきます。

現場マネージャーの年収はおおむね300万円ほどですが、統括マネージャーはかなりの実績がないとなれないため、年収は1,000万円を越えると言われています。

優秀な人の場合はその後も出世を続け、取締役、社長とステップアップしていくことも可能です。

②自身のプロダクションに所属してくれるタレントを見つけて独立する

芸能マネージャーの代表的なキャリアパスの2つ目は、所属してくれるタレントを見つけて独立し、自身で芸能プロダクションを設立することです。

年齢の若い人では30代で独立する優秀な方もいます。うまくいけば年収も億単位という夢のある独立なのです。

芸能マネージャーを続けていくうちに自分の芸能プロダクションを構えたいと考える人は少なくないようですが、なかなか厳しい道のりであることは間違いないでしょう。

できる志望動機で年収アップ?芸能マネージャーの転職相談はエンタメ人☆彡まで!

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。

現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったりといったキャリア関連の相談が無料で行えます。

芸能マネージャーへの転職志望者の方には、エンタメ業界への興味の強さとどのようにタレントを支えたいのかが具体的に伝わる志望動機を、その人らしい言葉で表現できるようにサポートします。

芸能マネージャーとしてキャリアアップ・年収アップを目指している方は、ぜひ『エンタメ人☆彡』を活用してください。

【芸能マネージャーの志望動機】未経験から転職する際の3つのポイント

未経験で芸能マネージャーへと転職する際に必要な志望動機作りのポイントを3つご紹介します。

①自分のスキルと芸能プロダクションの特色をマッチさせる書き方をする

1つ目のポイントは、自分のスキルと芸能プロダクションの特色をマッチさせる志望動機を作成することです。

例えば今までの仕事でWebマーケティングやSNS運用を行ってきた場合、志望する芸能プロダクションのインターネット展開に興味を持ち、自分の持つネットリテラシーの高さや集客能力で貢献したいことを志望動機に含めればよいのです。

この書き方をする場合、業界研究はしっかりと行っておく必要があるので注意しましょう。

②芸能プロダクションのカラーに合っているのが伝わる書き方をする

芸能プロダクションにはそれぞれのカラーというものが存在します。

一般企業で言えば企業理念のようなものですが、これが所属するタレントの売り出し方や、物事を判断する上での価値観に大きく影響を与えています。

このカラーと自分の考え方が合致していることが志望動機で伝われば、採用する芸能プロダクションとしては入社後も同じ目標に向かって仕事ができる人だと判断しやすくなるでしょう。

③志望動機のエピソードに所属しているタレントを挙げる

志望動機には具体的なエピソードを添えるのが基本的な手法ですが、ここに志望先の芸能プロダクションに所属するタレントを挙げると良い印象を与えることができます。

志望先の芸能プロダクションにはどのようなタレントが所属しているのか、しっかりと下調べを行うことが大切です。

ただ、あまりに1人のタレントのことを書きすぎると、他のタレントのマネジメントになるとやる気が下がってしまうのでは?と懸念につながる場合もあります。きちんと調べていることを伝えつつ、どんなタレントでも精一杯サポートすることをアピールしましょう。

これでマスター?芸能マネージャーのOK志望動機とNG志望動機

芸能マネージャーに転職したい場合の志望動機でOKの例と、NGの例を1つずつ挙げて解説します。

ここでは前述の、志望動機のエピソードに所属しているタレントを挙げる場合を例として考えていきましょう。

芸能マネージャーに転職する際のOK志望動機の例

OKな志望動機の例文は次の通りです。

「私は以前より御社所属の〇〇さんの創る音楽が好きで良く聴いていました。〇〇さんはMVを動画配信サイトで広くファンの方に見てもらえるようにしたり、制作過程や音楽に対する考え方をSNSで発信したりするなどインターネットでの展開を積極的に行っています。私が今まで行ってきたWebマーケティングのスキルを〇〇さんのサポートに活かせればと思い、御社の芸能マネージャー職を志望しました。」

タレントの活動を支えるために自分の持つスキルや実績が具体的にどのように役立つのかをアピールした志望動機と言えるでしょう。

芸能マネージャーに転職する際のNG志望動機の例

NGな志望動機の例文は次の通りです。

「昔から御社に所属する〇〇さんのファンでした。とても華やかでカッコいいのでサポートできればと思い、御社の芸能マネージャー職に応募させていただきました」

志望動機に所属タレントを挙げるのはよいのですが、どのようにタレントを支えたいのかということや、サポートをするのになぜ芸能マネージャーという職業を選ぶのかといった具体的なイメージが伝わりません。

憧れの気持ちを述べることが就業意欲の高さとは判断してもらえないことを踏まえて志望動機を練り直してみましょう。

芸能マネージャーでキャリアを築きたい方はエンタメ人☆彡まで!

『エンタメ人☆彡』では、芸能マネージャーについてここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載しています。

『エンタメ人☆彡』の運営会社である株式会社エイスリーはタレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界の各社と太いつながりがあるためこのような特別案件のご紹介が可能となっているのです。

そしてエンタメ業界経験者であるキャリアアドバイザーだからこそ可能な、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。徹底したサポートにより、登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。

少しでも芸能マネージャーへの転職を考えているなら、ぜひ『エンタメ人☆彡』にお気軽にご相談ください。