アイドルプロデューサーの仕事内容とは?プロデューサーのなり方などご紹介

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

アイドルプロデューサーとは?どんな役割?

アイドルのプロデューサーとはそもそも何を指すのでしょうか?有名な人でいえば、つんく♂さんや秋元康さんなど、アイドルおよびアイドルグループのプロデュースを行っている人のことを、アイドルプロデューサーといいます。

つまり、アイドルを育て、アイドルの方向性・売り出し方を考えていくのが主な仕事です。そのアイドルに合った音楽の制作も合わせて行う人もいれば、ミュージシャンに楽曲提供を依頼するプロデューサーもいます。

大手のアイドル養成所・芸能事務所であれば、プロデューサー業を専任で行うことが多いですが、小規模になるとマネージャー業と兼任することが殆どです。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

アイドルプロデューサーの仕事内容とは?

それではアイドルプロデューサーの仕事内容について、詳しくお伝えしていきます。非常に多くの仕事がありますので、代表的なものをピックアップしました。

アイドルの選抜・スカウト

一番重要な仕事のひとつといえるのが、アイドルの選抜やスカウトの仕事です。大きな事務所であれば、アイドルの募集を行って、参加者の中からアイドルとして活躍できそうな人を選んで育成していきます。

また、街中で声かけを行って、アイドルとして活躍できそうな人をスカウトすることもあります。最近では、道端で声を掛けるアナログなスカウトだけでなく、SNSやオンラインコミュニティなどを使って、アイドルを目指している人を探すことも珍しくありません。

現在は、様々なコミュニケーションツールが用意されているので、効果的な方法を考えて、アイドルの卵を探すことが出来るようになっています。

売り出し方を考えるプロデュース

最近では、様々な方向性・売り出し方のアイドルが活躍しています。清純派から不思議派、少しダークなイメージのアイドルグループまで、その種類は千差万別ですが、世の中のニーズをしっかりと把握したうえで、アイドルの良さを引き出さなければいけません。

アイドルが世の中から認められ、人気が出るようなプロデュースを行うのが、アイドルプロデューサーにとって大きな仕事のひとつです。

イベントなどの企画

アイドルを売り出すための仕事のひとつで、握手会やコンサートなどのイベント企画があります。これは、アイドルの知名度や人気を高めるためにも非常に重要で、イベント自体の内容はもちろんのこと、告知の仕方・立地・グッズの作成なども大きなポイントです。

こうしたイベントには、もちろん費用もかなり掛かりますので、アイドルの知名度・人気アップだけでなく、採算が取れるかも考える必要があります。

アイドルプロデューサーに求められるスキルとは?

アイドルプロデューサーの仕事内容についてお伝えしましたが、実際にプロデューサーとして活躍するには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?求められるスキルについて、代表的なものをご紹介します。

売れるアイドルを見抜く目

アイドルプロデューサーとして必要なスキルのひとつは、アイドルとして人気が出るのか、売れるようになるのかを見抜ける力です。その人の持ち味や魅力、世の中のニーズに合っているのかどうか、そしてアイドルとしての資質などを見抜けないと、売れるアイドルをプロデュースすることは出来ません。

これは天性のものとして持っている人もいますが、そういった方は珍しいでしょう。そのため、芸能界・アイドルについて深く知ることで、売れるアイドルを見抜く力をつけていくことが求められます。

世間にアイドルの魅力を伝えるマーケティング力

アイドルの魅力を効果的に伝え、1人でも多くのファンを獲得するためのマーケティング力は重要になります。

昨今では、SNSやYouTubeなどを使ったアイドル活動も一般化しているため、どの媒体を使って、どのようにアイドルの魅力を打ち出していくのかを考え、実行出来るスキルは必要不可欠でしょう。

各媒体ごとにどのようなユーザーが使っているのか、担当しているアイドルのターゲット層がどこにあるのか、上記のような媒体をどれくらいの頻度で使っていくべきなのか……など、様々な視点から考えなければいけません。

アイドルは人気商売であるため、炎上などにも注意を払いつつ、ファン獲得のためのマーケティングスキルが求められます。

アイドルを売り込む為の営業力

売り出し始めたばかりのアイドルの場合は特に、テレビ番組やイベント・CMなどに起用してもらえるように、売り込んでいく必要があります。そのため育成・担当しているアイドルにどのような魅力・強みがあるのかを伝え、仕事を獲得していくための営業力はとても重要です。

アイドルプロデューサーのなり方とは?

アイドルプロデューサーについてお伝えしてきましたが、アイドルプロデューサーになるにはどうしたらよいのでしょうか?いくつか方法がありますので、それぞれお伝えしていきます。

芸能事務所や養成所などへ転職する

まず挙げられるものが、アイドルの採用・育成を行っている会社へ転職するという方法です。あまり頻繁にはありませんが、実際に、芸能事務所や養成所の求人募集が出ていることはあるため、求人を見かけたら応募することをおすすめします。

ただ非常に人気が高く、希少性もあるため、見かけたらすぐに応募しないと、いつの間にか求人が終了していることも珍しくありません。チャンスを逃さないようにしましょう。

また、芸能業界は、コネクションによるつながりも非常に強いので、知人・友人に芸能関連の仕事に就いている人がいれば、縁故入社を狙うのもよいでしょう。

マネージャーからキャリアアップする

いきなりアイドルのプロデューサーになれることは珍しく、まずはマネージャーとしてスタートするのが一般的です。マネージャーは、アイドルのスケジュール管理や送迎などを行うことが多く、場合によってはマネージャーが仕事を取ってくることもあります。

プロデューサーとして将来活躍するために、アイドルや芸能業界について実地で学び、担当アイドルの活動をサポートすることから始めましょう。

自分でアイドルを集めてプロデューサーになる

実はアイドルのプロデューサーとして、コンスタントに有名アイドルを輩出している人は数える程度しかおらず、難しい仕事となっています。しかしながら、別の仕事で活躍している人が、その資産を活用してアイドルプロデュースをしていることは、珍しくありません。

そのため副業として、本業で得た資産を活用し自分でアイドル希望者を集めることで、アイドルプロデューサーになるのは十分可能なのです。先ほども言及した通り、SNSをはじめとしたコミュニケーションツールが発達しているため、アイドル希望者を集めることは難しくありません。

本気でアイドルプロデューサーになりたい人は、会社に所属するのではなく、自分でプロデュース業を始めてしまうのも、ひとつの手です。

アイドルプロデューサーになりたいなら「エンタメ人☆彡」へ!

アイドルプロデューサーへ転職したい人は、エンタメ業界専門の転職エージェントである『エンタメ人☆彡』にご相談するのがオススメです。

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったり、そういったキャリア関連の相談が無料で行えます。

また『エンタメ人☆彡』では、ここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載。運営会社である株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界の各社と太いつながりがあります。そのため、業界とのつながりを通じた特別案件のご紹介が可能となっています。

そして、専門アドバイザーだからこそ可能な、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。徹底したサポートにより、登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。ぜひお気軽にご相談ください!