【エンタメ業界に転職】平均年収が高いエンタメ業界の業種から年収を上げる方法までを紹介

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

エンタメ業界への転職を考えるとき、気になるのが年収ではないでしょうか。本記事では、エンタメ業界で平均年収が高い業種から、年収を上げる方法までを紹介します。エンタメ業界に興味がある方、必見の記事です。

エンタメ業界とは

 

エンタメ業界といえば、華やかなイメージが先行して、実際にはどのような業界なのか曖昧な人が多いのではないでしょうか。ここでは、エンタメ業界とはどのような業界なのか、エンタメ業界に共通した主な職種を紹介します。

多くの人を楽しませることができる

エンタメ業界とは、音楽・出版・テレビ・アニメなどの娯楽を提供する業界の総称です。あらゆる年代の人々を楽しませることができます。また、エンタメ業界が提供するコンテンツは、1人からでも楽しめることも特徴といえます。

自分のアイデアが形になる

エンタメ業界では、パフォーマンスをする人や、コンテンツの企画・演出、制作、宣伝などに関わるさまざまな職種によって、アイデアが形となって世の中に発信されます。

世の中に発信されると、多くの人々の喜ぶ様子がみられ、具体的には販売数、観客動員数、視聴率、売り上げ高など数字として評価されます。エンタメ業界で働くうえで、大きなやりがいともいえるでしょう。

エンタメ業界に共通した主な職種

エンタメ業界にはさまざまな職種があります。その中で共通する主な職種には、次のようなものがあります。

コンテンツ企画・制作

コンテンツの企画と立案から制作、演出、販売までの工程全般の業務を行います。

コンテンツの宣伝

コンテンツの宣伝企画、宣伝方法のプランニングなどプロモーション全般を行います。

コンテンツマーケティング

コンテンツ販売のための市場調査を実施し分析を行い戦略を立てます。

知的財産管理業務

アーティストやコンテンツに関わる契約と管理、ロイヤリティ管理、企業内の利用申請や許諾条件の調整を行います。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

エンタメ業界の平均年収事情

転職を考えるとき、できるだけ今より年収を上げたいと思う人も多いでしょう。年収の高い業種や会社から、転職先を考えるのも1つの考えです。エンタメ業界の業種と企業における年収事情について解説します。

平均年収が高いエンタメ業界の業種

64種類の業界で40歳をモデルとして算出された平均年収のランキング(※1)によると、エンタメ業界の中でも、年収が高いことで知られている放送業界が、3位の879万円でした。さらに、映画・アニメ業界が15位の695万円、ゲーム業界が26位の629万円という結果になっています。

同じ業界に属する企業は、給与の体系が似ているため、放送、映画・アニメ、ゲーム業界の企業は、平均よりも年収が高い傾向にあるといえます。高い年収を得て、年収を上げていくためには、給料額や平均年収が高い業界で仕事をすることが重要であるため、エンタメ業界も十分に視野に入れて良いでしょう。

※1:東洋経済/業界別40歳モデル年収ランキング/2018.10.4

https://toyokeizai.net/articles/amp/240069?page=2

平均年収が高いエンタメ業界の企業

総合職の平均年収が高い会社300社のランキング(※2)によると、朝日放送テレビが4位の1479万円、WOWWOWが37位の1,048万円、任天堂が110位の903万円、山陽放送が148位の876万円、東宝が150位の874万円、東京ドームが170位の860万円、東映182位:850万円、松竹272位806万円となりました。

エンタメ業界の中でも特に年収の高い、放送、映像・音楽、映画、ゲームの分野の会社が、ランキングの上位に入る結果になっています。

営業利益率が高い企業であるほど、少ない費用で多額の収益を上げているため、所属する社員の平均年収も高くなる傾向にあると考えられています。

平均年収は、年齢と勤続年数によって異なってきます。初任給の額も大事ですが、その後の昇給額は会社によって異なるので、転職先を検討する際には、年収の水準を知るためにも会社の平均年収をチェックしましょう。

※2:東洋経済/就職四季報・総合版2020年版/2019.5.10

https://toyokeizai.net/articles/-/265961?page=2

エンタメ業界企業のビジネスモデルごとの収益を上げる取り組み

企業が収益を上げれば、結果として社員への年収アップが実現可能になります。エンタメ業界企業のビジネスモデルごとの収益を上げる取り組みについて解説します。

音楽業界

音楽業界は、原盤権を基本として、アーティスト・音楽プロダクション・レコード会社が共同でビジネスを進めています。CDの売上が落ち込む中、近年ではデジタルによる音源収益に力を注ぐようになってきました。

また、ライブ運営によるチケット販売や、グッズなどの物販で高い収益を上げるようになってきています。このように、従来のCD制作と販売が主だったビジネスモデルから、デジタルやライブを組み合わせるといった新しい価値観を取り入れて収益を上げています。

テレビ業界

テレビ局は放送免許を取得しているため、参入障壁が高く、競合他社が少ない分、多くの収益を上げることができます。テレビ業界はスポンサーによる広告料で多くの収益を上げてきたものの、年々広告料は減少しているのが実情です。

テレビ局と大手企業が提携して、インターネットテレビ局の運営や、視聴者が料金を払って番組を視聴するシステム、テレビ局が作った番組などのコンテンツを、二次利用したグッズ販売などで収益を上げるようになってきました。時代の流れに合わせたビジネスモデルを生み出すことで収益を上げています。

アニメ業界

アニメ業界は、複数の企業に出資してもらう製作委員会方式が主導して、制作は下請けとなるアニメーション制作会社が行っています。利益は、製作委員会に出資額に応じて分配されているため、下請けとなる制作会社に分配されることはなく、制作費のみが支払われる仕組みでした。 

また、アニメ制作会社は著作権を持てないため、制作物の二次利用に関して利益を得ることができません。アニメ作品がヒットしても、経営難になることも少なくありませんでした。

現在は新たな取り組みとして、アニメ制作会社が資金調達をしてから制作を担う「パートナーシップ方式」や単一企業による出資へと変わってきています。アニメ制作会社やアニメーターが、事業を展開できる方式を考え出すことで、アニメ業界は収益を上げていくことが期待されます。

エンタメ業界で年収を上げる方法 

正社員を目指す

エンタメ業界は、アルバイトとして働いている人が多くいます。地道に実績を積んでいくと、正社員へのオファーが貰えることもあります。また、会社に正社員登用制度があれば、それを利用してみるのもよいでしょう。

平均年収の高い業界に転職する

転職を考えたら、早い段階で年収水準が高い業界や業種を調べておくことが有効です。転職するまでに、自分がすべきことが見えてきます。

必要な知識などが重複する業界であれば、同じような内容で準備を進められるでしょう。もし、具体的にどうしたらよいのかわからないという人は、転職エージェントの利用を考えてみるのもよいです。

起業・独立する

エンタメ業界での実務を通して知識や経験値を蓄えたら、起業するというのも1つの方法です。ただし、起業への憧れや単に収入を上げたいだけでは、結果として挫折してしまう可能性があります。

起業を考えたときに、より収入を上げるために、キャリアアップを目指して働きながら、起業する形でも遅くはありません。

エンタメ業界への転職を目指したい方は「エンタメ人☆彡」へ!

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったり、とキャリア関連の相談が無料で行えます。

また『エンタメ人☆彡』では、ここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載しています。運営会社である株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界の各社と太いつながりがあります。そのため、業界とのつながりを通じた特別案件のご紹介が可能となっています。

そして、専門アドバイザーだからこそ可能な徹底したサポートにより、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。

ぜひお気軽にご相談ください!