「芸能マネージャーは辛い」と感じた方へ。振り返るべき項目をご紹介

この記事の監修者

蓜島
蓜島キャリアアドバイザー

埼玉県出身。

芸能プロダクションのマネージャーとして7年間勤務。



その後、株式会社エイスリーに入社し、「エンタメ業界支援事業部」に配属となる。

芸能プロダクションでの多岐に渡るマネジメント経験を基に、エンタメ業界への転職を志望される方の疑問や不安などを幅広く解決していけるように全力でサポートさせていただきたいと思っています。

芸能マネージャーは激務で辛い?表にでないその大変さとは

芸能界といえば、人気タレントやモデルなど誰もが1度は憧れるような華やかなイメージがありますが、一方で芸能界で活躍する人を支える芸能マネージャーは、激務で過酷な職業だというイメージがあります。

具体的に芸能マネージャーの仕事は、どのような点から激務だといわれるのかについて解説します。

休日が少なく不規則な生活リズムが続く

芸能マネージャーが担当する芸能人は、当然ながら毎日決まった時間に働くことはありません。早朝から仕事がある日や、深夜に仕事がある日、はたまた番組の収録などが日中から夜遅くまで続くこともめずらしくありません。

その影響で自身のプライベートな予定が立てにくかったり、体調を崩しやすくなってしまうということもあるようで、それが原因で退職を決意する人も多いのです。

もちろん担当する芸能人の活躍する分野によって異なるものではありますが、休みが多い=タレントを活躍させるためのマネジメントが機能していないということに繋がるため、一般的に休日が少なく、拘束時間が長い職業だということは念頭に置いておくべきポイントでしょう。

タレント1人ずつに最適かつ繊細なマネジメントが求められる

芸能マネージャーは担当する芸能人が、きちんと活躍してくれることが成果に繋がります。仕事を出してくれる番組制作会社など、クライアントの要望に沿うように、仕事の趣旨をきちんと伝える必要があります。

芸能人もそれぞれ異なる性格であるため、ひとりひとりに合った形でマネジメントをしなければなりません。

また、人気タレントでもない限り、仕事はマネージャーが獲得しにいかなければならないものです。番組の責任者であるプロデューサーやディレクターと関係を深めながら、担当する人材を上手く登用してもらえるように、一定以上の営業スキルが求められます。

給与面などの待遇が悪い

一般的な企業に勤めるサラリーマンと比較してもとにかく給与が低く、待遇が良いと言われる大手の芸能プロダクションでさえ、初めは20万円台前半という大卒の新卒社員と変わらない金額からのスタートだといわれています。

また、昨今の働き方改革の影響を受け、多少の改善は見込めるものの休日出勤や長時間の残業などもまだまだ多いというのが現状で、このような激務に対する対価の低さから退職を決意する人も多くいます。

そのため、仕事はお金を稼ぐためのものとして捉えたい人にとっては厳しい世界だといえます。

 

\今なら/
「年収を上げるための教科書〜エンタメ業界編」をプレゼント!

その辛さは芸能マネージャーだから?今の環境だから?

先述した通り、拘束時間が長く激務でありながら、待遇も決して良いとは言えないのが芸能マネージャーですが、もちろん芸能マネージャーの仕事ならではの喜びも多く存在します。

所属する芸能事務所や、担当する人物によっても大きく左右されるものであるため、芸能マネージャーの仕事は、表面的な勤務条件でなく根本的なやりがいを追い続けることで、とっておきの職業にもなり得ます。

他の何物にも代えがたい大きなやりがいや達成感を得られる

忙しい毎日を送る芸能人に寄り添い、長時間働き続ける芸能マネージャーだからこそ、自身が担当する芸能人の成長を感じられる場面にも多く遭遇することができ、またその瞬間を目の前で共有することができるのは、他の何物にも代えがたい大きな喜びであるといえます。

担当する芸能人の仕事が徐々に大きなものになっていくにつれ、次々に新たな感動や達成感が押し寄せるため、次の仕事への活力が途切れることなく、大きな規模の仕事をこなす芸能人を一番近くでサポートする存在になれるのです。

ひとりひとりの成功を自分のことのように喜べる

担当する芸能人が飛躍的な結果を出したときには、自分のことのようにその成功を喜ぶことができるのも、芸能マネージャーの仕事の大きな魅力です。

芸能マネージャーは、その芸能人を近くで支え続ける一番のファンであるため、世の中から認められるような出来事があれば、まるで自分の育てた子が快挙を成し遂げたように思えることもあるでしょう。

そのように芸能人と一心同体で、日々の出来事に夢中になりながら喜びを感じられるのは芸能マネージャーだけの特権かもしれません。

将来的に人気タレントの担当や独立など夢を追い続けられる

芸能マネージャーには、個人として夢を追い続けることができるという魅力もあります。

激務を乗り越えながら現場経験を積むことで、やがて人気タレントのマネジメントを担当できたり、自身が望めば独立して芸能事務所を立ち上げることも可能です。

後述しますが、激務な芸能マネージャーだからこそ、気が付いたときに身についている能力は多く、将来の選択肢は広がるといえます。

辛いと噂の芸能マネージャー…実は転職市場で評価が高い?仕事を通して身に付いているスキル

すっかり激務で働きにくい印象を抱いてしまう芸能マネージャーの仕事ですが、それ故に身につけられる能力が幅広く、転職市場では評価が高い傾向にあります。

芸能マネージャーの仕事を通して身につくスキルを紹介します。

①スケジュール管理能力

売れている芸能人を担当すればなおさらですが、スケジュール管理は当然ながら芸能マネージャーの主たる業務のひとつとなります。クライアントからのあらゆる案件を、適切に芸能人に振り分ける必要があります。

時には分刻みでの管理まで求められるような、複雑なスケジュール管理を通して、ビジネスの世界で通用するスキルを身につけることができます。

②マネジメントスキルやブランディング力

先述した通り、担当する芸能人ひとりひとりに最適なマネジメントをする芸能マネージャーには、マネジメントスキルが身についていると考えて良いといえます。例えば一般企業に転職した際にチームをまとめる立場を担ったとしても、メンバーそれぞれに適切なマネジメントを行うことができるため、重宝されるスキルだといえます。

また、担当芸能人を売り込むにあたっては、その人が持つイメージや事務所として売り出したいイメージなどをすり合わせながら、芸能界で活躍できる人材にブランディングをしていくこともマネージャーに求められます。

そのような経験を経て、現状を把握し課題の解決や設定した目標の達成プロセスの構築など企業で通用するブランディング力が身につけられるのも、芸能マネージャーならではかもしれません。

③営業力

担当する芸能人をクライアントに売り込む仕事を通して、主要な人物との関係構築や、持ち合わせている魅力を最大限にアピールできる営業力が身につきます。

営業スキルは、営業職やマーケティング職としてあらゆる業界の企業から声がかかる、重要なスキルだといえるため、転職の市場では価値の高い人材として、より良い企業への挑戦もできるでしょう。

芸能マネージャーで転職したい方はエンタメ人☆彡まで!

『エンタメ人☆彡』は、キャリアアドバイザー全員がエンタメ業界経験者という、エンタメ業界専門・総合人材サービスです。現状の相談をしたり、将来の展望を一緒に考えたり、選考へのアドバイスをもらったり、そういったキャリア関連の相談が無料で行えます。

また『エンタメ人☆彡』では、ここにしかない非公開求人や高待遇案件を多数掲載。運営会社である株式会社エイスリーは、タレントなどのキャスティング事業を行っており、エンタメ業界各社と太いつながりがあります。そのため、業界とのつながりを通じた特別案件のご紹介が可能となっています。

そして、専門アドバイザーだからこそ可能な、書類選考・面接対策で内定獲得率をアップさせていきます。徹底したサポートにより、登録から内定まで最短2週間でのスピード転職も実現可能です。ぜひお気軽にご相談ください。